メイクの効果もUP!ブラシのお手入れ方法|ワンポイントメイクレッスン|骨筋メイク®レッスン・教室MAMEW

  • MAMEWとは
  • 骨筋メイク®とは
  • メイクのサービス
  • エステのサービス
  • 店舗のご紹介
  • ワンポイントメイクレッスン
  • オンラインショップ

ワンポイントメイクレッスン

メイクの効果もUP!ブラシのお手入れ方法

c8ba95487903b69b9424d164f82c2bea
メイクブラシ、きちんとお手入れしていますか?
買ってからまだ1度も洗ったことがない方も多いのではないでしょうか。
毎日使うメイクブラシは、きちんとお手入れをしないと、メイクの仕上がりがキレイに仕上がらなくなるだけではなく、雑菌がたまって肌荒れの原因にもなることもあるのです。
今回は、MAMEWのメイクブラシのお手入れ方法をご紹介します。
onepoint

Point1. 普段のお手入れ方法

メイクが終わったら、ティッシュの上でブラシについた粉を軽く払いましょう。ティッシュを数回なでるようにし、きれいに粉を落としましょう。普段のお手入れ方法はこれで十分です。

また、お手持ちの櫛をブラシの毛先から少しずついれることで、粉と一緒に毛先にからんだ汚れをかき出すがことができます。

Point1. 普段のお手入れ方法

Point2. メイクブラシの洗い方

アイシャドウやチークの色が出にくくなったなど、汚れがひどくなった場合は、以下の方法でブラシの汚れを落としましょう。

1. 乾いた状態のブラシに、洗顔ソープや薄めたシャンプー液などを付けます。
2. やさしく揉み込むように、きれいなぬるま湯で洗剤の成分をしっかり洗い流します。
(この時、ブラシの根本に水分をつけないようにしましょう)
3. 手のひらでブラシの毛先を軽く包み込むように、毛先にむかって水気を絞ります。
4. 毛が乱れないように整え、ブラシを乾いたタオルの上などにおいて、日陰の風通しの良い場所で乾燥させてください。
(ブラシは必ず寝かせて乾燥させましょう)

Point2. メイクブラシの洗い方

番外編 メイクブラシの替え時

大切にお手入れしているメイクブラシでも、毎日使い続けるものなので、いつかは寿命がやってきます。
ブラシの買い替え時は、毛先で判断しましょう。

皮膚と接触が多いブラシの毛先は、何度も繰り返し使うと、だんだん変化してくるため、毛先が広がったり毛のボリュームが減ったり弾力がなくなります。
パウダーの乗りが悪い、チクチクする、色がキレイに出ない、など感じれば、取り換え時期です。
チークブラシでも、アイシャドウブラシでも、ブラシ類はすべて同じです。

番外編 メイクブラシの替え時
おすすめアイテム

山羊毛の中でも最もやわらかい毛を厳選した粗光峰で作られたブラシ。正しく大切にお手入れすることで、長くご愛用いただけます。

ページトップに戻る