キレイな唇の第一歩!正しいリップケアの方法|ワンポイントメイクレッスン|骨筋メイク®レッスン・教室MAMEW

  • MAMEWとは
  • 骨筋メイク®とは
  • メイクのサービス
  • エステのサービス
  • 店舗のご紹介
  • ビューティーコラム
  • オンラインショップ

ワンポイントメイクレッスン

キレイな唇の第一歩!正しいリップケアの方法

2016_07_1531869
初対面で一番見られる顔のパーツは唇って知っていますか?
ふっくらして血色の良い唇は好印象でとても魅力的で誰もが憧れます。でも毎日ケアしているつもりなのに気が付くとくすんでいたり、皮が剥けて縦ジワが目立ち乾燥してガサガサに…。
 実は普段何気なくやってしまう行動や、良いと思っていた事がトラブルの原因かもしれません! 唇が荒れやすい理由や正しいリップケアの方法をご紹介します♪
onepoint

Point1.唇がデリケートなワケ

唇は実は粘膜の一部。皮膚には皮脂腺や汗腺があり、肌から潤いが逃げないようにバリアをしてくれますが、粘膜の唇にはありません。角質層も極端に薄く、メラニンを作る細胞もない無防備な部分。ターンオーバーは1週間から10日で全て入れ替わるほど早く、傷を治す力も早いのですが四六時中、外気や紫外線にさらされているとダメージを受けて回復が追い付かず、トラブルが起きやすくなってしまうのです。
荒れてしまう大きな原因は乾燥、摩擦、汚れ、ビタミン不足など。特に夏や冬は室内でエアコンを使用することが多く、常に空気が乾燥して水分の蒸発を招きます。摩擦や汚れは色素沈着を起こしてくすみの原因に。
とってもデリケートなパーツなのでしっかりケアしましょう!

Point1.唇がデリケートなワケ

Point2.リップクリームの正しい使い方

リップクリームを塗って保湿するのはケアの基本ですが、
だからといって過保護にしてもいけません
リップクリームの塗りすぎは自浄作用を低下させてしまうので、敏感になりガサガサにしてしまうこともあります。
唇は縦に繊維が入っているので、縦方向に動かし優しく押すように塗るのがポイント。
適度にリップクリームを塗りきれいな唇を手に入れましょう。

Point2.リップクリームの正しい使い方

Point3.リップケアのポイント

やってしまいがちなNG行動と、お家にあるもので簡単に作れるリップパックをご紹介!憧れのぷるぷるリップを目指しましょう♪

 

◆NG! なめる

かさつきが気になるとついやってしまがち。

一時的に潤いを感じますが体温や外気ですぐ乾燥します。その時に水分も蒸発して、より乾燥を招くのでやめましょう。

 

◆NG! 強く擦る

食事で口まわりを拭くときやメイクを落とす時、ぎゅーっと力任せに拭くと摩擦で唇に負担がかかります。丁寧にトントンと押して拭きましょう。

 

◆OK! 簡単リップパック

はちみつワセリンを塗ってラップで潤いを閉じ込めます。

お砂糖を混ぜたスクラブマッサージは週一がおすすめ♪

 

◆OK! 丁寧なクレンジング

口紅をきちんと落とさないと、縦ジワに残った汚れで唇に色素沈着が起こり、くすみやシミの原因になります。

唇の形を崩さないように、優しくクルクルマッサージするみたいに落としましょう。

クレンジング&マッサージ
クレンジング&マッサージ
おすすめアイテム

真ん中に潤い成分を閉じ込めた2層タイプのリップトリートメント。

乾燥しがちな唇をふっくら整えます。

MAMEWリップスティック
トリートメント
3,024円(税込)

MAMEWリップスティック
トリートメント
3,024円(税込)

ページトップに戻る