崩れ知らずのキレイな目元をキープする方法|ワンポイントメイクレッスン|骨筋メイク®レッスン・教室MAMEW

  • MAMEWとは
  • 骨筋メイク®とは
  • メイクのサービス
  • エステのサービス
  • 店舗のご紹介
  • ワンポイントメイクレッスン
  • オンラインショップ

ワンポイントメイクレッスン

崩れ知らずのキレイな目元をキープする方法

lesson_MV_memoto
ふと鏡を見ると、キレイに仕上げたはずのアイメイクが崩れてパンダ目に!ということが多いのではないでしょうか。 アイメイクが崩れる原因は、皮脂やメイクアイテムの油分、メイク方法などが考えられます。 特に下まぶたに付いてしまったメイクは、どんよりお疲れ感を周囲に与えがち。 でもちょっとした工夫で、崩れを防ぐことができます! 今回は、デートなどの大切な場面でパンダ目になってしまわないよう、キレイな目元をキープするコツをご紹介いたします。

STEP1.フェイスパウダーでまぶたをさらさらに

アイメイクの前に、フェイスパウダーを上まぶた、下まぶたにしっかりつけ、さらさらにしておきましょう。特に下まぶた(目のキワやいつもアイメイクが崩れて黒くなる部分)はしっかりつけましょう。

ベースメイクをきちんと仕上げているつもりでも、細かい部分はべたつきが残りやすいので、丁寧に仕上げるのがポイントです。

MAMEW エッセンスフィニッシュパウダー
MAMEW エッセンスフィニッシュパウダー

STEP2.マルチプルーフやお湯で落ちるタイプのアイテム

目の下にアイメイクがつきやすい方は、マルチプルーフ、お湯で落ちるタイプのアイライン・マスカラをおすすめ。

ウォータープルーフは水分には強いのですが、油分に弱いため、瞬きを繰り返すと、皮脂やファンデーションと混ざり、目の下に色が移ってしまうことがあります。

STEP2.マルチプルーフやお湯で落ちるタイプのアイテム
MAMEW リキッドアイライナー

STEP3.崩れてしまったときのお直しテクニック

絶対に落ちないアイメイクは正直難しいです。

アイメイクを長持ちさせるには、あらかじめ崩れても目立たないカラーのアイメイクにするのがベストですが、以下の方法でこまめにお直しをすることで、パンダ目を防ぐこともできるのです。

 

◆綿棒にリムーバーや乳液をつけてにじんだ部分をオフ

綿棒にリムーバーや乳液を染み込ませ、アイメイクがにじんでいる部分を軽く押さえるようにしてオフしていきます。

リップクリームでも代用できますが、そのときは色のない透明なリップクリームを使うようにしましょう。

 

◆メイク汚れを落としたらコンシーラーでカバー

汚れを落とせたら、肌なじみのいい色のコンシーラーを軽くのせていきます。

メイクのはげるのをカバーできます。

 

◆仕上げにフェイスパウダーを

お直しの仕上げに、アイメイクの上からフェイスパウダーを軽くのせ、皮脂を抑えます。

 

また、目の下につくアイメイクは、上まぶたのアイメイクが目の下に落ちてしまうことが原因です。下まぶたにもしっかりアイメイクをしておくことで、上から落ちたものが目立ちにくくなります。

STEP3.崩れてしまったときのお直しテクニック
おすすめアイテム

サラサラパウダーなのにしっとり肌へのフィットします。

EGF、油溶性アミノ酸誘導体、油溶性ビタミンCなどのスキンケア成分配合。マットなクリアルースと、ツヤ感のクリアグロウ、2つのタイプからお選びいただけます。

MAMEW

エッセンスフィニッシュパウダー

3,240円(税込)

(2タイプ クリアルース/クリアグロウ)

MAMEW

エッセンスフィニッシュパウダー

3,240円(税込)

(2タイプ クリアルース/クリアグロウ)

ページトップに戻る