崩れない下地&ファンデーションの塗り方|ワンポイントメイクレッスン|骨筋メイク®レッスン・教室MAMEW

  • MAMEWとは
  • 骨筋メイク®とは
  • メイクのサービス
  • エステのサービス
  • 店舗のご紹介
  • ビューティーコラム
  • オンラインショップ

ワンポイントメイクレッスン

崩れない下地&ファンデーションの塗り方

lesson_MV_basemake
メイクをする女性にとって、化粧崩れはとてもストレス。 化粧崩れの主な原因は「汗」と「肌のコンディション」の2つです。汗は体温調整に欠かせない大事な機能ですし、肌のコンディションをすぐに改善するのも難しい・・・。 ところがベースメイクを工夫することで、簡単にメイクを崩れにくくすることができます。 今回は化粧崩れのストレスから解放される、メイク直しいらずのベースメイクのコツをご紹介いたします。

STEP 1.スキンケア

肌の保湿として、洗顔後の化粧水や美容液はとても大切です。うるおい不足は、乾燥や過剰な皮脂の原因にもなりますので、肌へたっぷりと浸透させましょう。
ただしメイクに余分な水分はNG。スキンケアが終わったら、ティッシュオフして余計な水分や油分を取り除きましょう。
このひと手間が、汗と皮脂でベースメイクがドロドロになってしまうのを防ぎます。

STEP 1.スキンケア

STEP 2.化粧下地

化粧下地は肌とファンデーションを密着させ、化粧崩れを防ぐ大事な役割があります。化粧下地の量は減らさず、使用目安量をムラなく均一に塗りましょう。

ナイト&デーエッセンス
ナイト&デーエッセンス

STEP 3.ファンデーション

【リキッドファンデーションの場合】
リキッドファンデーションはカバー力の高さが魅力ですが、厚塗りは化粧崩れの原因になります。鼻・頬・あごなどのポイントに少量をおいてから、ポイント別に馴染ませましょう。各部位の使用量は、指に取ったときに皮膚が透けて見えるくらいが目安です。

<頬>・・・指の腹を使って、叩きこむように塗ることがポイント。優しすぎるとファンデーションが浮きやすくなるので注意!

<小鼻まわり>・・・指先を使って丁寧にぬります。また崩れやすい鼻頭は、ほとんど塗らなくても大丈夫です。

<額や髪の生え際>・・・汗をかきやすい部位なので、指に残ったファンデーションを塗る程度で十分です。

 

【パウダーファンデーションの場合】
ファンデーションを塗る前に、フェイスパウダーをのせます。
こうすることでファンデーションがムラなくキレイに付き、化粧したての状態を長時間キープできます。
またスポンジやパフで塗る場合は、力を抜いてパフの弾力を活かし厚塗りにならないよう気を付けましょう。

エッセンスファンデーション
エッセンスファンデーション

STEP 4.フェースパウダー

最後にフェースパウダーを肌の表面がさらさらになるまで、顔全体につけましょう。テカリが抑えられるだけでなく、きめ細やかな肌を長持ちさせ、化粧崩れを防ぎます。
肌の乾燥が気になる方は、美容成分配合のフェースパウダーなどもおすすめです。

STEP 4.フェースパウダー
おすすめアイテム

サラサラパウダーなのにしっとりと肌へフィットします。
EGF、油溶性アミノ酸誘導体、油溶性ビタミンCなどのスキンケア成分を配合。マットなクリアルースと、ツヤ感のクリアグロウ、2つのタイプからお選びいただけます。

MAMEW エッセンスフィニッシュパウダー

(2タイプ クリアルース/クリアグロウ)

3,240円(税込)

MAMEW エッセンスフィニッシュパウダー

(2タイプ クリアルース/クリアグロウ)

3,240円(税込)

ページトップに戻る