正しく使えていますか?日焼け止めのアレコレ|ワンポイントメイクレッスン|骨筋メイク®レッスン・教室MAMEW

  • MAMEWとは
  • 骨筋メイク®とは
  • メイクのサービス
  • エステのサービス
  • 店舗のご紹介
  • ビューティーコラム
  • オンラインショップ

ワンポイントメイクレッスン

正しく使えていますか?日焼け止めのアレコレ

vol6_mv
紫外線はお肌の大敵!一年間を通して日焼け止めを使用されている方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか? ここ数年、日焼け止めも多様化しています。ノンケミカルをうたった肌に優しいタイプや、その一方でしっかり紫外線を防止できるタイプもまだまだ人気があります。それぞれに特徴があるため、自分にあった日焼け止めを選びましょう。


SPFとPAについて

日焼け止めに多く使われている値「SPF」「PA」
見かけたことはあるけれど、意味をご存じない方も多いのではないでしょうか?
SPFとは皮膚が赤くなってしまうような日焼け(サンバーン)の原因となる紫外線B波(UVB)をカットする力を表しています。「紫外線防御指数」とも言われ、紫外線を浴びたときに赤くなる時間を、何倍に長くすることができるかという値を表しており、SPF1あたりおよそ20分〜25分といわれています。例えばSPF20は20分×20=400分(6時間40分)となり、つまり「肌が赤くなってしまうような日焼けを6時間40分防げる」とことになります。

もうひとつの値「PA」は、紫外線A波(UVA)を防ぐ効果を表す指標です。
UVAは波長が長いため肌の奥深くまで到達し、シミやシワの原因になってしまいます。またUVAは雲や窓ガラスも通り抜けやすいので、例え天気が曇りであっても、部屋の中にいても常に防ぐことが大切です。

日焼け止め商品に記載されている数値の効果を得るには顔全体で0.8g、およそ500円玉大の量が必要とされます。ですが実際この量を顔に塗ると、顔が真っ白くなってしまいがち…。
日焼け止めは十分な量を一度につけることよりも、実はこまめな塗り直しの方が重要!日常生活であれば、ファンデーションの塗り直しでも十分効果が期待できます。

ノンケミカルの日焼け止めって何?

日焼け止めには紫外線をカットするため、紫外線吸収剤が含まれています。紫外線吸収剤が入った日焼け止めは、紫外線カットの効果が高いのですが、紫外線を吸収しエネルギーに変えて放出する際に、肌にとって刺激になってしまいやすいというデメリットがありました。
この紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めが、近年増えてきた“ノンケミカルの日焼け止め”。紫外線吸収剤が含まれていない分、肌への負担が少なく、肌が弱い方におすすめです。

肌への負担が気になる方には…

それでも気になる人は、MAMEWナイト&デーエッセンス日焼け止めの前に塗りましょう。肌に一枚ベールを載せておくことで、日焼け止めの刺激から肌を守ってくれます。またナイト&デーエッセンスには、日焼け止めの効果はありませんが、炎症を抑える働きで紫外線からのダメージケアが期待できます。
肌への優しさか、紫外線カット効果か、みなさんはどちらを選びますか?

おすすめアイテム

メイク崩れを防ぐ化粧下地。夜は美容液としてお使いいただけます。
EGFの炎症をおさえる作用により、日焼けによるダメージケアが期待できます。

MAMEWナイト&デーエッセンス
5,400円(税込)

MAMEWナイト&デーエッセンス
5,400円(税込)

ページトップに戻る