齋藤麻希さん物語 その2(上京編)


2011年は忙しい仕事の合間を縫って、月1回東京までスクールに通い続けました。

ほぼ1年がかりでインストラクターコースを修了しました。

しかし、メイクの奥の深さばかりを知るばかりでまだまだ自信はもてませんでした。

ただ、「メイクのサロンを神戸で開く」という決意は固かったのです。

年末には会社に退社の意思を告げました。

会社からの引き留めにも動じず、2012年3月には退社を決めました。

********************************************************************

ただ、自信は全くないので、実践を経験するため、MAMEWの社員として上京し、修行することに決めました。

東京は全く初めて、一人暮らしも初めてでしたが、決意の固さで乗り切りました。

4月からMAMEWスタッフとしての研修を受講したあと、溝口店に配属になりました。

初めてお客様からお金をいただきメイクをするときは震えました。

でももともとセンスのいい彼女。

また目的意識もはっきりしていて上達はとても早かったです。

人の好さからお客様からも好かれ、半年後には一人前のスタッフとして活躍しました。

その後、自分が初めてレッスンを受けた新宿店に異動になり修行を続けました。

初めての東京で不安も多く、一時はホームシックにもなりましたが何とか1年間の修行を終えました。

丁度1年経った3月末、MAMEWを退社することになりました。

1年間だけの修行でしたが 数年のキャリアのあるメイクアップアーチストにも引けをとらないほどの上達です。

これは横山も保証します。

さあ!本格的スタート開始です!

(つづく)

soubetu1.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>