就活メイクのポイント その1


9日の講演以来、すでに数名の方がMAMEWの就活メイクを受講いただきました。

やはり就活生にとってのメイクの悩みは大きいようですね。

そこで就活メイクのポイントについて説明します。
まずは、9日の講演で強調させていただいたこと。

「ナチュラルメイク」というと、メイクを薄くすること、メイクをあまりしないこと、と理解している方が多いようですが。それは違います。

「ナチュラルメイク」とはちゃんとメイクしているのに、肌をうまく補正し自然な仕上がりであまり「メイクした!」とは感じさせないメイク法です。

特に就活のメイクは就職試験に合格するためのメイクですから、自然に見えるとともに元気に見えなければなりません。

元気に見える一番の方法はチークです。

チークを入れることによって元気に見えますし、骨格の補正のできます。

就活4

ツ右はチークを入れたメイクです。表情が違って見えますね。

チークの入れ方は以前のこのダイアリィで詳しく説明しましたので省略します。シャープに入れる方法、かわいく入れる方法などがありましたね。

ツ会場から、「どんな色のチークを入れたらいいですか」と質問がありました。

イエローベースの肌の方はオレンジ、ブルーベースの肌の方はピンクがお似合いです。
イエローベース、ブルーベースの見分け方は目の虹彩の色を見て、赤味がかっている方はブルーベース、ゴールド系の方はイエローベースです。

いろいろ自分の顔に試してみて自分に似合った入れ方を工夫してみてください。

中々自分自身では難しいと感じる方は就活メイクレッスンにきてくださいね。


コメント投稿は締め切りました。